トップページ > 院主コラム > 拝む、祈る

拝む、祈る

お遍路をしていると本当にいろんな方との出会いがあります。35番札所の清滝寺で出会った方がいました。お歳は私よりは10くらいは上の方でしょう、東北仙台の方で震災に遭われてからお遍路にくるようになったそうです。何年もまわり続けていていろんな人がお寺で拝む姿を見てきてはっきりとわかったことがあると。。。それは、「希望を持っている人は拝む、祈るようですね」絶望している人は拝まない、祈らない、と。。。

その方は震災に遭われ、大地が何分間も揺れて天地がひっくり返り何にもできない事態になった時、信仰心も何もないのに祈り続けるしかなかった、人ってそういう時に祈るんですね。。。とも話されていました。

私が思うにですが、その方は震災に遭い一時は絶されていた、でも四国巡礼に希望をもちお遍路をはじめたのではないかと。。。

とても貴重で心にしみるお話でした。

祈る、拝む、それは希望をもち前向きに生きるという姿勢なのですね、ありがとうございました。

トップへ戻る